痴漢冤罪

痴漢を元にしたゆすりや美人局!弁護士も注意を喚起!

痴漢

痴漢と冤罪

本来痴漢行為と言うのは被害者に対して精神的苦痛を与えるものですが、最近はその痴漢行為を受けたことについて犯罪利用するケースもある訳です。特にこの場合は露出度の比較的高い衣装を纏った女性にターゲットを絞らせて、男性に痴漢行為をさせるというケースになります。

痴漢行為をする男子と言うのは相手が抵抗しない限りはその行為も非常にエスカレートする可能性も高く、そこが犯罪行為に利用されることになるのです。つまり、痴漢行為をしたことをネタにゆすりを掛ける美人局になることでしょう。このような痴漢行為におけるゆすりは大変面倒で、警察に届ければ自身の痴漢行為そのものが明るみに出ることとなるために大変扱いが難しい事例なのです。

痴漢事件に巻き込まれた

このような痴漢行為を処理している弁護士によれば、ゆすりや脅迫などの被害者は痴漢や盗撮等の社会的に恥ずかしいされる行為を日常的に行っていることも珍しくありません。特に女性の絡んだ案件になるとパートナーである男性と共謀していることが多いので、威圧的な脅しをかけて来ることも多いでしょう。

よって、痴漢行為は痴漢被害を生み出すだけでなく、自身も何らかの犯罪被害者に巻き込まれてしまうリスクが非常に高くなるのです。最悪の場合には家族までも脅迫の被害に遭うこともありますので、家族同士が不信に陥ってしまって崩壊を引き起こすことも十分にあり得ます。

痴漢行為をしてしまうのは簡単ですが、多くの犯罪当事者はここまで物事を真剣に考慮してはいないのです。