痴漢冤罪

痴漢冤罪から身を守るための方法

痴漢冤罪

痴漢は犯罪

痴漢は唾棄するべき犯罪行為であり、本当に行ったというのであればそれは法によって裁きを受けるべきものだと言えます。
しかしながら現実では痴漢をしていないのにしたと言われる冤罪もあり、男性にとっては常に恐ろしいものとなっていることでしょう。

もし痴漢冤罪が自分の身に降りかかったとすればその後の人生が大きく狂う可能性もありますから、痴漢冤罪から身を守る方法を知っておくことは悪いことではありません。
では身を守るためにはどうすれば良いのかというと、まず大切なのは「自分はしていない」と明確に答えることです。

冤罪の場合

中には示談で済ませるなどのことでやってもいない罪を認めさせられるというケースもありますが、そんなことをすると自分は痴漢をした犯罪者として扱われてしまいます。
そのためまずは自分はしていないと明確に反論し、そして駅員室に連れて行かれそうになった場合には可能な限り断ってください。
駅員室に連れていかれるということは私人による現行犯逮捕として扱われますから、それは罪を認めたような物になってしまいます。

相手を殴って逃げるなどのことをするのは流石に許されませんが、この場合にはまず自分の名刺などを渡して「急いでいるので後ほどご連絡ください」と言って立ち去るか、被害者と言い張っている女性に対して「これ以上続けるのであればこちらも名誉棄損としてあなたを告訴します」と断言しましょう。

可能であれば冤罪が身に降りかかったその時から携帯電話などで会話を全て録音しておき、相手にもその旨を伝えてください。
ほとんどの場合相手の女性は嫌な顔をするでしょうが、「こちらとしても裁判になった場合に証拠が必要になりますし、これから弁護士に相談するためにも録音させていただきます」と言えば問題ありません。

そしてもしその場で冤罪の疑いが晴れなかった場合にはなるべく早く弁護士に連絡し、法的に対処することを想定しましょう。
弁護士については各地の弁護士連合会に連絡して紹介してもらうこともできますし、インターネットで事務所を検索して見つけることも可能です。
痴漢冤罪の被害に遭った時には慌てずに落ちついて毅然とした態度で立ち向かいましょう。