雑学

誹謗中傷を民事で追求

ネット記事

誹謗中傷と刑事事件

誹謗中傷に関しては、刑事事件として扱う場合には、名誉に対する罪として刑事告訴をすることになります。この場合、公然と事実を適示し、人の名誉を傷つける内容であると判断が下された場合には、相手は、事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役若しくは禁固、または、50万円以下の罰金が課せられることになります。

誹謗中傷を受けた場合には、刑事告訴から入るやり方が相手にプレッシャーをかける上でも、最も効果的な方法となりますが、民事訴訟を行い、損害賠償請求から進めることも1つの方法となります。誹謗中傷は、これまでは、相手が特定しにくいことも多く、警察による調査を経た上で、刑事告訴か民事訴訟かの判断を行っていました。しかし、現在においては、ブログや掲示版によるものも多く、この場合には相手の特定も容易であることから、最初から民事訴訟を起こすことも多くなっています。

ブログや掲示板で誹謗中傷を発見した場合には、一般的な流れとしては、そこの管理者やブロバイダ等に削除依頼をすることになりますが、この場合には、内容証明書を送付することで行います。但し、内容証明は、訴訟の場においては1つの証拠となりますが、それ自体は何ら法的拘束力は持っておらず、そのために、相手側が無視した場合には訴訟を起こすことが必要であることを認識しておく必要があります。弁護士によっては、時間を短縮するために、最初から民事訴訟に持っていく場合も多く、訴状が相手に通知されることで損害賠償金支払いによる和解が早まることも多くあります。

差し止め請求

誹謗中傷を受けた場合に、用いる手続きの1つに差止め請求があります。差止め請求とは、違法や不当な行為に対して、その行為をやめるように請求することをいい、この場合、損害賠償を行う前の行為の1つになります。但し、差止め請求においては、申立人の生命や健康などに関係がある場合には、加害行為の内容を考慮せずに認められますが、そうでない場合には判断が下されるまでに時間がかかることを理解しておく必要があります。

痴漢行為をしたという書き込みをでっちあげられることもありますから、気を付けましょう。