痴漢冤罪

痴漢の冤罪の時の弁護士依頼メリット

弁護士相談

誰も信じてくれない

よく、痴漢冤罪事件に巻き込まれてしまったサラリーマンの話を耳にしますが、毎日のように満員電車に乗っているという会社員にとっては、決して他人事だとは言えないでしょう。
全く自分に非がないような時であっても、ひとたび痴漢に間違えられ、警察に身柄を拘束されてしまうと、長期間にわたって勾留を受けることになってしまうので、会社も長期で休まなければならなくなってしまうでしょう。
自分に非がない場合でも、長期間にわたって、身柄を勾留されてしまっていると、世間一般の人から見た場合、痴漢で逮捕されているというイメージが広がってしまい、社会的な信用は失われてしまうと考えられます。
普段から満員電車を利用することが多い人は、痴漢に間違えられることが内容に配慮しておくことが必要になります。
電車に乗る時などはできるだけ吊革につかまるように心がけるようにし、紛らわしいことがないよう、女性の後ろなどには立たないようにしておいたほうが良いでしょう。

弁護士に相談しよう

注意しておくに越したことはありませんが、それでも痴漢に間違えられてしまい、身柄を勾留されてしまった場合には、一人で交渉にのぞまず、法律の専門家である弁護士の力を借りることも必要になるでしょう。
費用は掛かりますが、弁護士依頼メリットとしては、法律的な知識を元にして、相手方としっかりと交渉を行ってくれ、一番良い解決方法に導いてくれるという点があります。
特にそういった痴漢冤罪事件を多く担当した経験があるような弁護士にお願いすれば、様々な経験を使って解決方法を提案していってくれるので、心強い味方となることでしょう。
いつ自分の身に降りかかってくるかわからないトラブルなので、普段からそういった交渉に応じてくれそうな弁護士事務所を探しておくと安心でしょう。
また、弁護士などが情報提供しているウェブサイトなどで、痴漢と間違われてしまった時の適切な対応方法などを学んでおくといざというときに役立ちます。