痴漢冤罪

白昼堂々と行われる痴漢行為!

昼間の痴漢

痴漢の啓もう意識が大きい

現在でも少なからず日本に存在している痴漢行為。しかし、担当弁護士によると最近で痴漢行為自体への啓発意識が以前よりも非常に大きくなったこともあって、これまで最も多いと思われていた地下鉄などでは逮捕・摘発リスクが増加したこともあって減少していると言えます。

それでも、逆にこれまではそれほど多くなかった場所での痴漢被害が増えている傾向にありまして、それが一般の鉄道になるでしょう。鉄道の場合は地下鉄のように犯人も中々逃げられないと言うことはなく、トイレなどの人が余りは入って来ないような死角も存在しています。そのため、痴漢行為が起こっても発覚しないことが十分にあり得る訳です。

昼間の痴漢

また、最近では客室内で堂々と痴漢行為を働いているのにも関わらず、他の乗客も巻き込まれることを恐れて助けないと言う状況も見られます。そのため、鉄道(特に新幹線や特急など)内で発生する痴漢行為は予想以上に多く存在しているとされているでしょう。

さらに、新幹線などになると停車駅が多いタイプのものもありますので、痴漢行為を働いたものが途中で降りることも出来ますので気が付いた時には犯人が列車内に乗っていないと言うことも多いのです。これにより、鉄道の痴漢行為は意外に根っこが深いとされています。

その他、鉄道の場合は多くの方が痴漢も少ないと思っているので、痴漢冤罪に関しても警戒感を持たないことも多いでしょう。これにより年に数回のUターンラッシュになると痴漢冤罪が問題になることも増えているのです。